9/24/2018

この冬に向け道民はリスク評価で決断を

リスクを評価する、というのは難しいようだが、リスクはゼロにはならないので、どのリスクを甘受するか、ということになる。

 原発の事故リスクはどのように対策してもゼロにはならない。事前の想定を超えるハザードが襲う確率はゼロにはならない(想定外だから)。火力発電所の耐震性能を上げればよかった、という議論があるが、地震の計画加速度が何百ガルだとしてもそれを上回る確率はゼロではない。

 だから、原発も火力も止まる確率を考えたうえで、どのようにそれらを組み合わせれば損害最小になるかが「リスク評価」となる。つまり持てる電力資源でもって損害確率を最小にする。

 「持てる」のなかに2011年3月までは稼働していた泊原発も入る。もちろん、完成間近の石狩湾新港LNG火力と震度6強未満だったら耐えられる苫東厚真石炭火力も。それらが北海道民の「持てる」資産だ。それ以上でも以下でもない。さて道民の皆さん、どうする?
泊再稼働で得られる207万KWはこうした状況を完全に改善します。「危険だ危険だ」の声はもっともですが、1年ないし数年の再稼働で起こりうる危険の確率と上記の危険性・蓋然性を考えれば、解決策は自明のこと、阻害要因は政治的なことだけです。(一道民)
 原発を動かすにも動かさないのにもリスクがある。日本人に必要なのはこのリスクを比較することだ(リスク評価)。
AGORA-WEB.JP
私は元陸自医官で北部方面衛生隊長の後、静岡県の自衛隊富士病院を最後に10年前に退官、その後、北海道三笠市立病院で勤務しております。三笠に決めたのは十勝岳方面の山スキーに遊びに行くのに便利が良いからです。 ...

地名は国名と区別すべき(国は変わる)

中国(中華人民共和国の略)とか韓国(大韓民国の略)は地名ではない。日本は地名で、日本国が国名だ。アメリカは地名で、アメリカ合衆国が国名だ。シナ(チャイナ)と朝鮮を地名としたらどうか?韓国語とか中国語というのはおかしな言い方だ。朝鮮語とチャイナ語?

IKEDANOBUO.LIVEDOOR.BIZ
最近Facebookの検閲がきびしくなって、「支那」という言葉を使うとアカウントが停止されるようだ。グーグル日本語でも候補に出てこない。これはマスコミでは昔から禁止だが、根拠のないタブーである。その語源は5世紀ご...

9/19/2018

インダス上流の堰止め湖

パキスタン北部のインダス川支川フンザ川が堰き止められたアッタバード湖を見てきた。2010年の大規模地滑りで堰き止められたが、すぐのスピルウェイ開削、道路の付け替えなどで、いまは青緑の水面が人気の的だ。二枚目の写真は別の堰止め湖でスピルウェイを撮ったもの。

 堰止め湖は日本でも多く、芦ノ湖がその代表だ。早川の流れに箱根山が山体崩壊して堰き止められた。

 スピルウェイ(洪水吐き水路)を造成するだけで地滑り事後対策としては簡単なものだ。

 昔、「スーパーフィルダム」の構想を検討したことがあった。それはアースダムなどのしっかりした土構造でなく、単に残土とか崖錐落下物で河川を広範に埋め立てる。場合によっては堤上の土地利用(新集落など)も考える。もちろん、洪水吐き水路とゲートはしっかりと作る。それでよいと思ったが、日本ではそのような不確実な構造は好まれないようだ。芦ノ湖を堰き止めた湖尻の堆積物が流出することなど全く考える必要ないくらい、「永久」にもつものだと思う。

 この直下流に位置するフンザ(カリマバード)では水道水に川の水を使っている。上流に氷河があるので、灰色に濁った原水になり、蛇口でもかすかに白濁する。それがこのアッタバード湖ができて、そこで沈殿した水が取れるようになった(それでも少し濁っているが)。

9/18/2018

麓から見える世界一長い山容・ラカポシ山?

ラカポシ山(峰、7788m)はパキスタン北部のギルギット・バルティスタン州の名山だ。カラコルム山脈の西端に位置しながら、独立峰なので、周囲の平地からもよく見える(富士山のよう)。

 写真はカラコルムハイウェイ(と言っても山岳道路)のビューポイントから。この地点からは麓の足下から頂上近くまで山容がすべて見わたすことができる。頂上までの水平距離は11km、標高差は6km、計算するとこの長大斜面は13kmになる。

 富士山の斜面も同程度の長さが一目で見えるが、標高差は3km程度に過ぎない。
 

9/07/2018

地震崩壊地形は残るが厚真町は初めて?

厚真町の斜面崩壊現場の空撮だが、火山性堆積土が水分を含んで、強く振動を受けた結果、土粒子同士の結合力を失った「斜面の液状化」流動状態になって崩壊したのだろう。

 他の空撮写真(ここには提示していない)ではこの丘陵地帯の頂上平地の利用がなされている(牧場と水田も)のが地下水補給面で加速要因になったのかどうか?

 また、過去の火山噴火・堆積のあと同様強度の地震を経ていれば、この写真に見る崩壊後地形が残っているはずだが、そうでないとすると、この局所における強震は噴火堆積土形成後、初めての可能性がある。

9/04/2018

鉄道が止まったら外出できない、という運休効果

今年最強の台風21号が関西に接近している。午前中は室戸岬沖を北上中だ。大阪でも雨が降り始めた段階で、なぜ鉄道は運休ないし運休予告をするのだろうか?

 鉄道は異常気象による運行停止基準がある。大雨と強風だが、前者には鉄道の盛り土と土の斜面が崩壊する危険、後者には車両の転覆を恐れてのことだ。実際に危険な数値を検出してからストップすればよいし、都市部では比較的安全な高架区間が多い。でも鉄道が運休ないしその恐れがあること(気象状況)を沿線住民にPRする効果は大きい。鉄道が動かなければ、外出をあきらめるかもしれない。

 災害には避難が有効だが、その前に不要な外出は控える、という対処がある。外出する人が減れば、運行本数を減らせる。そうなると、いざストップしたときに過密ダイヤだとありがちな駅間で停車という危険もなくなる。そのようにして鉄道運行管理者は全面運休へと導くのだろう。
NEWS.TV-ASAHI.CO.JP
 JR西日本では、京阪神エリアで在来線が4日正午ごろまでにすべて運休する見通しです。JR大阪駅から報告です。  (佐藤修平アナウンサー報告)  現在、午前6時前を回って利用客の数も増えてきていますが、特に混乱し....

9/03/2018

体操女子のパワハラから加害者の言い分とは

コーチの暴力の是非はパワハラとは分けて考える必要がある。スポーツ指導における暴力は、それを受けた側がどう感じるかにかかわらず許されない。(以上、下記の朝日抜粋)

 朝日の言うとおり、パワハラに限らずハラスメントは受けた側の捉え方で決まるし、当然だが、加害者の言い分もある。塚原夫妻の主張も聞かないとパワハラ認定されないと言うことだろう(ここが朝日のこの論点だ)。

 (朝日の論点とは違うが)暴力も同じだ。外見上、暴力と見えても、「愛の力」というのもある。暴力は憎しみの余りでは許されないが、体の神経に訴える指導というものもある。ハラスメントと同じで「被害者」の捉え方も聞く必要があるだろう。

ASAHI.COM
 ▼社会面参照 日本体操協会が、指導中の暴力を理由に速見佑斗コーチを無期限の登録抹消処分としたことに対し、指導を受けていた宮川紗江が処分の見直しと、同協会幹部からパワーハラスメントを受けたことを訴えて...


https://digital.asahi.com/articles/DA3S13658205.html?rm=149

9/02/2018

Jul 21,2006 :昭和天皇の本旨


元宮内庁長官の手帳から昭和天皇の靖国神社A級戦犯合祀に関する発言メモが飛び出した。
A級戦犯のうち三国同盟に関わったもの(二名)と合祀をした元宮司への不信の言葉だ。マスコミはこれをもって靖国神社不参拝の理由だとしている。

しかし昭和天皇あるいは今上天皇が過去慣例となっていた靖国参拝をしていないのは、国民の間で議論の対象となっているからではないか?昭和天皇の不信の対象かもしれないが、A級戦犯は戦勝国による東京裁判の結果であり、国内的評価はいまだ定まっていないのが現状だ(占領からの独立当時は国内法では無罪だったが)。

ここは、諸外国の影響なしに、国内的議論を重ね、戦犯の評価と靖国神社に国として参拝する是非を結論づけたらよい。そうしたら、今上天皇もその国民の声のもとご参拝の判断ができる。

8/31/2018

Mar 22,2006 :仏、初期雇用契約は若者のため


フランスの若者雇用促進政策「初期雇用契約」で若者の反発が激しくなっている。

二年間の試用期間の制度とすれば、雇用者は若者を雇用しやすくなる。この制度がなければ、若者を雇用しなくなるので、試用され能力を発見されるチャンスすらも失う。

昔あった最低賃金制度も(同様に逆説的だが)労働者の敵だった。最低賃金以下でも(若者が)新規雇用される道を閉ざしてしまうからだ。現に雇用されている労働者の既得権擁護であることは明らかだ。

8/29/2018

公務に障害者雇用を増やすには?

国家公務員としての採用であれば公務員試験と各省面接にパスしなければならない(障害者でも)。その選考過程では障害者であることで不利にならないようにしている。それで、法定雇用率の2.3%にならないのではどうしようもない。まさか、逆差別して障害者の選考を甘くするわけにもいかない。

 とりうる方法は臨時職員(アルバイトなど)として採用することだが、それも、官庁の仕事を合理化していく現状では、その合理化整理される仕事への適応者が障害者には多いのだろうと思う。

 最後の手段としては、障害者に適する仕事を新たに作ることだ。これは各事業所ごとに考えるべきだとしているが、仕事を作る仕事が新たに生ずる。ここは、厚生労働省の労働部部局でまずは一律に考えていくべきことではないか?厚生部局での障害者対策がもとなので、厚労省は忙しいことだ。